21について|コンクリート構造物のメンテナンスを行う株式会社シー・エム・エンジニアリング

CS-21 [水和反応活性剤]CS-21

CS-21とは

CS-21

コンクリート構造物の止水・防水、コンクリート表面のクラック補修や塩害、凍害、中性化、対薬品等の劣化要因に対する耐久性がアップします。
また、水草、コケ、藻等の付着を防止することが出来ます。従来の有機質の止水・防水剤と違い、無機質剤ですので劣化による再漏水がありません。 尚、完全無機質なので環境にやさしく、有害物質を含まない、無色無臭の水のような液体です。

CS-21の特性

CS-21は、セメントの水和反応を活性化し促進させる触媒の性質を有し、コンクリートの水和生成物と反応して結晶を生成する事によって速やかに空隙を充填します。
またコンクリートの表面に散布や塗布し硬化後に散水養生を行うと、未水和のセメントや不安定状態の水和生成物をより安定した結晶に速やかに変化させます。 CS-21は無機質の水和反応による止水や防水であるため、従来の有機質の材料による止水や防水のように劣化する事が有りません。

CS-21の仕組み

CS-21
  • 反応1還元作用により表層部に石灰石を生成する反応
  • 反応2水溶性シリカとコンクリート内のカルシュウムによりCSH系の結晶を生成する反応
  • 反応3未水和セメントの水和反応を促進させ、CSH系の結晶を生成させる反応
  • 反応4鉄筋の防錆・アル骨反応抑止効果を生かした状態で表層を緻密に固める働き

主な施工目的

躯体防水・表面保護・ひび割れ補修・打継ぎ・防水 etc.

主な利用構造物

駐車場防水・屋上防水・地下構造物・水槽・橋梁床版・橋脚・橋台・ボックスカルバート・トンネル・ダム・水道施設・水路・舗装 etc.

CS-21公式サイトはこちら